ホーム > サプリメント > 出来事を論理的に

出来事を論理的に

ようやく投資すると時という状況では第一に下調べを横着してはいけません。

 

取引を始める前であるならば出来事を論理的に見つめる事が出来ます。

 

ところが、ひとたび相場の内部へ足を踏み入れると、何をしても捉え方が自分勝手なものになる場合があり、状況によっては正しい見方がわからなくなる危険があります。

 

それゆえに客観的な状況でちゃんとした準備をしておくことが大切です。

 

その"準備"とは、とにかくシナリオを書くことから開始します。

 

明日からの為替相場は上がる(または下がる)から米ドルを売買するみたいに、あなただけの台本を書いていきます。

 

次は相場をチェックする事です。

 

市場の動きを見つめて今の相場を確認します。

 

そうしたら、「今現在は過度に低い状態である」それとも「とっくにたくさんの人々が買い(あるいは売り)に動いているから、この先取引しても今さらやりようがない」などと納得できます。

 

無論もはや売り(または買い)するが遅いと考えたならば、売買しないで、そこのところはあきらめることか必要です。

 

どうやっても自分自身の脚本を押し通そうとして割り切らずに売買すると、外国為替市場に押し返されてしまいマイナスになる危険性があります。

 

ただしかなりの場合では準備が整った物語を思い描いていれば取引が遅いという状況にはならないと思います。

 

おそらく、リアルに外国為替相場が変動する前のはずだから。

 

その次にとりあえずあなたが取引しようと検討している売買ポジションの上下の動きを正確にチェックすることが大事です。

 

例として円安が進むと推測するストーリー展開を作成したのであれば、ドルの上げ下げに注目しておきます。

 

為替相場の上下動を注意を払い始めた状況では分かりやすく変動する兆候を見せることはなく、上下にわずかな動きをしているだけでしょう。

 

しかしながら、その変化をじっくりと見ていると、ある状況でじわじわと、ドル高へと相場が向い始めます。

 

この状況でようやく、ドル買いの注文をします。

 

一般的に、これだけ慎重に計画さえしておけば、そのエントリーで利益を上げる確率はぐっと高まるはずだ。

 


関連記事

  1. 男性の美容は「清潔感」が重要

    美容は女性ばかりでなく、男性にとっても重要である。男性が女性を見たときに、見た目...

  2. 出来事を論理的に

    ようやく投資すると時という状況では第一に下調べを横着してはいけません。 &nbs...

  3. テスト

    テスト記事です。...